善玉コレステロールが心筋梗塞リスクを下げない可能性

善玉コレステロールが心筋梗塞リスクを下げない可能性

以下は、記事の抜粋です。


「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLコレステロール(HDL)は、多ければ多いほど良いとされている。そのため、HDLを上げる薬の開発が進められてきたが、心臓や血管の状態を良くすると直接証明できた臨床試験はなく、開発中止を決めたメーカーも複数出ている。こうした中、脂質と動脈硬化に関する従来の知見を覆すような結果が欧米の研究から明らかになり、5月17日付のLancet誌に発表された。

HDL-C上昇が、心臓や血管の病気になるリスクの低下につながらない可能性が示されたという。このほか、ハーバード公衆衛生大学院のFrank M. Sacks氏らからは、HDLの中に“悪玉”が存在するという研究結果を報告している(記事をみる)。

報告を行ったペンシルベニア大学のBenjamin F. Voight氏らの国際研究グループは、20件の臨床試験から心筋梗塞患者2万913人と、患者でない9万5,407人の遺伝情報(SNP)の解析を実施。遺伝的にHDL値が高いことに関連する内皮リパーゼ遺伝子型を持つ人とそうでない人の心筋梗塞リスクを比較した。

この遺伝子型を持つ割合は全体の2.6%で、保有しているグループのHDL値は保有していないグループに比べて高かったものの、心筋梗塞リスクに関連するそのほかの要素は保有していないグループと同等だった。

Voight氏らは、HDL値の差から保有群の心筋梗塞リスクは13%低下すると予測したが、実際にはリスクの低下が認められなかった。この検討から「遺伝的な高HDL-C血症は心筋梗塞リスクの低下に関連しないことが確認された」と結論している。

さらに、コレステロールに関する遺伝子と心筋梗塞リスクの関連を検討したところ、LDL(悪玉)コレステロールに関する遺伝子で心筋梗塞リスク上昇との関連が認められたのに対し、HDLではリスク低下との関連が認められなかった。

Voight氏らは、何らかの形でHDLが上昇していても、それが心筋梗塞リスクの低下に関連しない可能性が示されたと結論。HDLを上昇させる薬を飲んだとしても、心筋梗塞リスクを低下させるとは考えにくいとの見解を述べている。


元論文のタイトルは、”Plasma HDL cholesterol and risk of myocardial infarction: a mendelian randomisation study”です(論文をみる)。

血中HDLを増加させる薬物については、昨年の11月に新規cholesteryl ester transfer protein (CETP)阻害薬であるevacetrapibが、臨床試験第2相において、有意にHDLを増加させてLDLを低下させ、単独使用およびスタチンとの併用は安全で、LDLを下げる効果も相加的であるという結果を紹介しました(記事をみる)。

一方、スタチン治療へのナイアシンの追加投与により、HDLが上昇し、LDLがさらに低下し、トリグリセリドまで低下したにもかかわらず、臨床的なベネフィットは無かったという結果も紹介しました(記事をみる)。

今回の結果は、LDLを低下させる薬物に比べると、HDLを増加させる薬物には効果が低い可能性を強く示唆しています。

以前にも書きましたが、近年の新しい抗血小板薬、心筋梗塞患者へのカルベジロールなどの投与、レニン・アンギオテンシン系阻害薬の発達、ストロングスタチンとエゼチミブ(ゼチーア®)を用いた強力なLDL低下療法、などなどによりHDLが高いメリットがポジティブな臨床結果として出にくくなっているのだと思います。心血管リスク改善薬については、行くところまで行っているのかもしれません。

関連記事
強化スタチン治療を受けている低HDLコレステロールレベル患者に対するナイアシンの効果
善玉コレステロールを増やす薬物が第2相で好成績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. taniyan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tak先生。
    お早う御座います、連日興味津々記事楽しみです。
    さて本題、以前にも投稿したかもですが、自分は40歳時点で、降圧、高脂血漿治療開始。
    既に30年超え。
    しかし10年くらい前PETCTで冠動脈全面にCa沈着、更にドックで頸動脈狭窄指摘、現在echoで65%狭窄とか、凸部の深部はCa、上はアテローム性プラーク?。
    長年のメバロチンをクレストールに変薬、しかし効果今一。
    先日ブログDrに紹介されEzetimibe(ゼチーア)を海外調達、効果てき面、以下のようになりましたが本論文では狭窄進展予防は期待できそうにないですね、残念、体質要素が主因かもですね。
    過去のアベレージはこんなもの (今回のゼチーア服用後) 
    1.T-cho:160~200            (129)
    2.TG:130~200               (91)
    3.LDL:90~110               (64)
    4.HDL:45~50               (60)
    ゼチーア止めるべきか悩みます。
    長々と勝手な戯言御免なさい。
    それでは本日も研究、講義と大変お疲れ様です。
               taniyan