地下鉄車両内でのフラッシュ・モブ ― コペンハーゲン・フィルがペール・ギュントを演奏

フラッシュ・モブとは、「ウェブでの呼び掛けに応じた参加者が特定の場所に集まって何らかのアクションを行いすぐに解散する新世代のパフォーマンス。」だそうです。この動画は、コペンハーゲン・フィルとRadio Klassiskというラジオ局とのコラボレーションで行なわれたもので、2012年4月に、コペンハーゲン・フィルが地下鉄車両内でペール・ギュントを演奏して乗客を驚かせた時の様子を撮影したものです。

ニューヨークだとアカペラのゴスペルとかが出てきそうですが、さすがヨーロッパの古い街らしい音楽だと思いました。それにしても静かな地下鉄ですね。

関連記事
In the Still of the Night

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする