コーヒーは長寿に関連している可能性も

コーヒーは長寿に関連している可能性も=研究

以下は、記事の抜粋です。


The New England Journal of Medicine誌で公表された新たな研究では、コーヒーを飲む人々が飲まない人と比較して、調査期間中に死亡したリスクは若干低いことが示唆されている。

同研究は、旧全米退職者協会のメンバーに1995~96年に送付されたコーヒー消費に関する質問を含むアンケートに基づいている。研究者たちはこのアンケートに回答した40万2260人の男女について、1995~2008年に死亡した原因と時期を正確に示す記録を利用して調査した。また、喫煙といった死亡に影響しかねない他の要因について修正を試みた。

結論は、コーヒーを飲めば飲むほど、調査期間中の死亡リスクが低下した。1日にコーヒーを6杯以上飲んでいた男性は全く飲まなかった人々と比較してリスクが10%低かった。女性の場合は15%低かった。また、このトレンドは心臓病や糖尿病、脳卒中などの多くの死因と一貫した結果を示した。1つ主だった例外は癌で、癌についてはコーヒーを飲むことによる利点は示されなかった。

論文の第一著者で、米国国立癌研究所のNeal D. Freedman氏は、「今回の結果は、コーヒーがカフェイン入りかどうかには関係なかったが、コーヒー中の何かが健康に良い影響を与えるにしてもそれが何かは明らかになっていない」と語る。

Freedman氏は「コーヒーは(1000を超える成分を含む)非常に複雑な混合物だ」と語る。また、調査では、参加者がどういった種類のコーヒーを飲んでいたかに関する情報は含まれていなかった。

実際、この研究には多くの限界がある。その1つは、喫煙といった健康に影響を与える他の要因の影響が完全に取り除かれていなかった可能性があること。また、この研究の参加者は、コーヒーの習慣について情報を1回提供しただけで、その後13年余りのうちにその習慣を変更したかどうかに関するアップデートはない。さらに、研究の執筆者らは調査開始時点で癌や心疾患にかかっていた人々は除いたが、健康状態がすぐれない人々はコーヒーを控える可能性もある。


元論文のタイトルは、”Association of Coffee Drinking with Total and Cause-Specific Mortality”です(論文をみる)。

論文をみると、年齢だけで補正したモデルでは、死亡リスクは逆にコーヒー飲用者で上昇しました。ところが、コーヒー飲用者は非飲用者よりも喫煙の割合が高く、喫煙その他の交絡因子について補正すると、今度は逆転して、コーヒー摂取と死亡とのあいだに有意な逆相関が認められたということがわかります。

論文でも、コーヒーと長生きの関係について、「原因(causal)か関連(associational)かは、わからない」と結論しています。まあ、「コーヒーは毒ではない」程度の認識で、好きな人は心配せずに飲めて良かったぐらいの結論でしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする