がんの約6分の1は感染症に起因

がんの約6分の1は感染症に起因、研究成果

以下は、記事の抜粋です。


毎年世界で新しく報告されるがん発症例のおよそ6分の1にあたる約200万件、死亡例約150万件が、おおむね予防や治療が可能なウイルスやバクテリア、寄生虫などを原因とする感染症によって引き起こされていたとする国際がん研究機関(IARC)の報告が5月9日、Lancet Oncologyの電子版に発表された。

184か国で27種類のがんについて調査した結果、2008年に世界で報告されたがんの症例1270万件のうち約190万件は、B型肝炎、C型肝炎、ヒトパピローマウイルス、ヘリコバクターピロリ菌の4つのうちいずれかの感染症に起因する、主に胃、肝臓、子宮頸部のがんだった。

感染症関連のがんは、オーストラリアとニュージーランドでは新規症例の3.3%だったが、サハラ以南のアフリカでは32.7%に上った。

女性では感染症関連がんの約半数が子宮頸がんだったのに対し、男性では胃がんと肝がんの合計が80%に上った。また感染症に起因するがんの発症患者の約30%は、50歳未満だったという。

報告書は、ワクチン接種や安全な注射処置、抗菌剤の使用などといった既存の感染予防策を活用すれば、がんが将来の世界にもたらす負担を大幅に減らせる可能性があると指摘している。


これまでもピロリと胃がん、BおよびC型肝炎と肝がん、パピローマウイルスと子宮がんの関係が深いことは知っていましたが、正確な数字を知ったのは初めてです。

記事では、オセアニアとサハラ以南のアフリカだけしか紹介されていませんでしたので、論文をみたところ、インドは20.8%、中国は26.1%、南米は17.0%、北米は4.0%、ヨーロッパは7.0%でした。さらに、発展途上国では感染症による発がん率が高く(22.9%)、先進国では低い(7.4%)と書かれていました。日本は19.2%でした。

がんには感染症以外に、タバコによる肺がんなどの生活習慣や環境などに起因するものもあります。これも発展途上国で比率が高いと考えられます。感染症も含めて、親から受け継いだ遺伝子以外の原因で発症するがんの比率によって国の発展度合いを測った場合、日本はまだまだ発展途上国に分類されるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする