東アジア都市部の子供に近視が多いのは日光不足が原因?

東アジアの子供に近視が多いのは日光不足が原因、豪大研究

以下は、記事の抜粋です。


東アジア都市部の子供たちに近視が多い原因は、勉強やコンピューターゲームや遺伝的なものではなく、屋外で日光を浴びる時間が短いためだとした豪研究チームの論文が5月4日、Lancet誌に掲載された。

日光を浴びると神経伝達物質ドーパミンの放出が促される。このことが、眼球が伸びて目に入った光の焦点が合わなくなることを防ぐと考えられている。

研究を行ったオーストラリア国立大学のIan Morgan教授はAFPの取材に、「明るい光の刺激によるドーパミンの放出が近視を予防していることは明らかだ」と説明した。

若者の10人に9人が近視だというシンガポールでは、小学生たちが1日に屋外で過ごす時間は、平均でわずか30分だった。これに対し、ヨーロッパ系の子供たちの近視率が10%のオーストラリアの子供たちが屋外で過ごす時間は平均3時間もあった。モーガン氏によると、英国の子供たちの近視率は30~40%、アフリカではわずか2~3%程度だという。

義務教育以上の年代で最も近視が多かったのは、日本、韓国、中国、台湾の都市や香港、シンガポールで、このうち10~20%は失明につながりかねない重度の近視だった。東アジアで近視が多い傾向について、50年ほど前までは遺伝的な要因によるものと考えられていた。

だが、モーガン教授は、遺伝ではなく環境によるものだと強調する。教授によれば、読書やコンピューターに没頭すること自体に害はなく、毎日、一定の時間を屋外で過ごしていれば、室内でいくら勉強に励んでも問題はないという。最も近視リスクが高いのは、勉強ばかりしていて外に出ない子供たちだ。


元記事のタイトルはずばり”Myopia(近視)”です(論文をみる)。The Lancetの5月5日号には”Ophthalmology Series”という特集があり、このMyopia以外にも”Age-related macular degeneration(加齢性黄斑変性症)”と”Corneal transplantation(角膜移植)”についての論文(というよりも総説?)があります。

論文では、近視の原因が日光不足であるとは明確に書かれていません。「東アジアで近視が多いことは、子供が戸外で遊ぶ時間を減少させる生活スタイルの変化や教育圧力の増加と関連していると思われる。」という表現です。また、「日光や薬による近視の予防もかなり期待できるが、まだ証明されていない」とも書かかれています。

シンガポールの中国系、インド系、マレー系の3つのエスニック・グループで1987-92年以降に近視が急激に増加していることを、社会的な要因が最も重要であるとする根拠としています。また、中国の広州では学校単位で、シンガポールでは地域単位で日光浴の近視予防効果を調べているところだとしています。

論文にも書かれていますが、紫外線による皮膚がんの可能性もありますので、近視と日光の関係についての結論は、上記の広州やシンガポールでの介入試験の結果を待つのが妥当だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする