ドクターヘリ出動、想定の3倍 燃料費不足で悲鳴―本当に必要か?

ドクターヘリ出動、想定の3倍 燃料費不足で悲鳴

以下は、記事の抜粋です。


京都、兵庫、鳥取の3府県が関西広域連合で共同運航するドクターヘリの出動回数が想定を大幅に上回り、運航の委託を受けた民間会社が燃料費の不足に悲鳴を上げている。中山間地の救命救急にヘリは“命綱”となっているだけに、広域連合は委託料の引き上げを検討する。

ヘリの運航は2010年4月、公立豊岡病院を拠点に始まった。航空事業などに取り組むヒラタ学園が午前8時半から日没前まで運航。京都、兵庫両府県の北部と鳥取県全域をカバーする。

兵庫県などによると、11年度の出動回数は1254回で飛行時間は約440時間。出動は県内からの要請が80%を占め、京都府17%、鳥取県3%と続く。11年度の委託費は国の補助金を含めて約1億9千万円。ただ飛行回数を約400回と想定しているため、超過分の燃料費などは学園が負担した。

本年度の委託費は11年度と同額。学園は昨年から委託費の引き上げについて豊岡病院を通じて打診。不足額を「数千万円」と伝えているという。

3府県の飛行地域は山間部が多く医療機関も点在。救急車では患者の搬送に時間がかかるためヘリは不可欠な存在だ。心疾患を抱える高齢者や、食物アレルギーで呼吸困難に陥った子供がヘリの搬送で心肺停止を免れた例など実績も多い。

ヒラタ学園は「ドクターヘリの運航で民間が犠牲を払う理由はない」と主張。広域連合長の井戸兵庫県知事は「国に補助金の引き上げを検討するよう要請する。地域医療にヘリは欠かせない存在で、京都府や鳥取県とも対応を話し合いたい」としている。


m3.comに寄せられた意見の中から、いくつか抜粋して紹介します。

●救急車にせよDrヘリにせよ、タダでやっていれば負担はキリがなく増えていくでしょう。安全、安心がタダなら、絶対利用したいと思うのはだれにとっても自然なことです。どこかで自己負担をリーズナブルにかけなければ、必ず破綻します。

●本地域で採用されている「ヘリが飛ぶ基準」は「キーワード方式」です。意識障害を始めとする特定のキーワードを救急隊から聴取し、どれかひとつが当てはまればヘリが飛ぶという基準です。自分たちに都合の良いデータ(件数の多さや救命率など)だけを取捨選択して発表するのではなく、自分たちにとってネガティブなデータ (ヘリでも陸送でも大差はないと推測できた症例の考察など)も発表すべきです。

●本年度中に全国40箇所で導入が見込まれ、日本でもヘリ搬送体制が充実します。ヘリ導入の救命センターは、実績を上げたいので現状では軽症も搬送をしているのが実態です。重症患者等緊急度が高ければ、現状の無料化も必要でしょうが、軽症の搬送が救急車同様に多すぎます。負担してもらうことも必要です。

●10キロ以内の搬送が最も多いのです。他の救命センターとの連携も進んでおらず、必ずしも傷病者の近くのセンターに運んでいない実態もあります。

●ヘリを飛ばす費用は結局は税金や健康保険から支払われるわけですので、救急車との費用対効果の検証は必要だと思います。

●兵庫県知事は「ドクターヘリは地域医療に欠かせない存在」っておっしゃっているようですが、なにを根拠にそんなこと言ってるんですかね。現状の1年間のドクヘリ予算で、少なくとも医師を10人は雇えますよ。毎年10人ですよ。地域医療にとってどちらが効率良いのか?どちらが正しい税金の使い方なのか?よく考えるべきだと思います。しかし、役人はこのまま必要性の少ないドクヘリを維持し続けるのでしょうね。そして、そのうちドクターヘり安全委員だの保安委員だの自分たちの天下り先を一杯こしらえるのでしょうね。「人の命のため」と大義をかざして。

来る5月12日の土曜日、「神戸大学創立110周年記念事業兵庫県知事講演会」が開催され、井戸知事が「関西広域連合の取組 ~安全・安心の関西をめざして~」と題する講演をされます。

時間は、16:00~17:00。場所は、神戸大学医学部会館3階のシスメックスホールです。ドクターヘリ関連の話題が聞けるかどうかはわかりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. taniyan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tak先生
    お早う御座います、何時も有意義な情報アップ感謝しています。
    自分の考えではドクターヘリ、あまり賛成ではない。
    何故かと言うと、この狭い国土にほんとに必要か。
    ヘリ、事故のポテンシャル高い、1000回に一度でも事故発生いたら取り返し付かない。
    よく遭難救助で事故ありますが似たようなこと。
    極力救急車で済ませるべき。
    それでは本日も研究、講義と、お疲れ様です。
                     taniyan