75歳のサルサ・ダンサー

Sara “Paddy” Jones at Age 75

これは、75歳のサラ”パディ”ジョーンズが40歳年下のダンスコーチとサルサを踊るビデオです。最初はゆっくりと始まり、後半のサルサへと盛り上がっていきます。

彼女は2歳半で踊り始め(バレエ、タップ、ギリシャのダンスなど)、15歳で学校を辞めてプロダンサーになりましたが、結婚を機会に22歳で引退しました。 46年後、68歳で夫が死んだことを機会に、彼女は再びダンサーに戻り、サルサを踊るようになりました。このビデオクリップは、スペインの「タレント登場!」テレビ番組で優勝し、€10,000を獲得した時のものです。

彼女が上着を脱いで激しく踊り始めた時の観客の興奮は本物です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする