エイプリルフール? 選抜高校野球に誤審続出

「酷すぎる」選抜高校野球に誤審続出
以下は、記事の抜粋です。
---------------------------------------------—
4月1日、第84回選抜高校野球大会・準々決勝で対戦した関東一×横浜の試合で希有なプレーが起こった。5回裏、1点を返した横浜が、ワンアウト1、3塁でスクイズ。3塁走者の尾関がホームに生還した――と思ったのも束の間、関東一の捕手が窪田球審に対し、ホームベースを踏んでいないとアピールすると、窪田球審はベースの踏み忘れとしてアウトを宣告。横浜は同点となるチャンスを逸し、横浜・渡辺監督が抗議をするも判定は覆らなかった。
さらに、高校野球の規則で、審判への疑義申し出については、「主将、伝令または当該選手に限る」とされていることから、抗議を行った渡辺監督にも、大会本部の総務委員から口頭注意が与えられた。
しかし、同日「日刊スポーツ」に、尾関のホーム生還時の写真が掲載されると、尾関の右足の踵は間違いなくにホームを踏んでいるのだ。
---------------------------------------------—
以下が問題の写真です。

下の動画も、4月1日の試合です。どう見ても三振のプレイが死球に判定されています。この直後に決勝のランニングホームランが出ました。エイプリルフールとは言え、冗談がきつ過ぎて選手が可哀そうだと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする