Whitney Houston – Saving All My Love For You

米歌手、ホイットニー・ヒューストンさんが死去=ホテルで急死

以下は、記事の抜粋です。


当地の警察は2月11日、1980、90年代にポップス界の女王として君臨した米歌手のホイットニー・ヒューストンさんが11日、カリフォルニア州のビバリー・ヒルトンホテルで遺体となって発見されたと発表した。48歳だった。警察によると、連絡を受けて警察官がホテルに駆け付けたところ、ヒューストンさんが部屋の床に倒れており、同日午後3時55分頃、死亡が確認された。警察が死因などを調べているが、今のところ、犯罪をうかがわせるものはないという。

母親がゴスペル歌手であるなど、ニュージャージー州で恵まれた音楽環境で育ち、早くからモデル、そして歌手へと進んだ。すぐに頭角を現し、「ポップスの女王」と呼ばれるようになり、グラミー賞を6度受賞。全世界でレコードの売り上げは1億7000万枚以上に上る。

代表曲に「オールウェイズ・ラブ・ユー」「恋は手さぐり」「すべてをあなたに」などがある。また「ボディガード」「ため息をつかせて」などの映画にも主演した。しかし、夫で歌手のボビー・ブラウンさんの暴力や薬物問題に悩み、自らも麻薬中毒となり、治療を受けたりした。2人は2007年に離婚した。


“Saving my love for you”がヒットした1985年に私はアメリカに住んでいました。カーラジオからこの曲が四六時中流れていたのを思い出します。当時は歌詞の内容はよくわからず、ただメロディーと彼女の歌唱力だけが印象に残っていました。幸福と感じられる時間を維持するのは、誰にとっても難しいようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする