ニキビ菌の腫瘍内注射はTh1免疫応答を介して悪性黒色腫(メラノーマ)の増殖を阻害する

がん治療:ニキビのアクネ菌でがん細胞減少 三重大が成功

以下は、記事の抜粋です。


三重大は12月22日、悪性黒色腫にニキビの原因となるアクネ菌を投与し、がん細胞を減少させる実験に成功したと発表した。

実験した同大医学系研究科の山中講師のグループによると、がん細胞を移植したマウスにできた腫瘍部分に移植直後と14日後の2回、アクネ菌を注射で投与したところ、がん細胞がほぼ消失したという。アクネ菌に抵抗するため、白血球が腫瘍に集中し、その際、がん細胞も食べて破壊するためだという。白血球はアクネ菌を消化するまでに時間を要するため長時間、腫瘍に群がるという。

国内では年に約2000人が悪性黒色腫にかかるといい、末期のステージ4まで進行した場合、10年後の生存率は約10%とされる。山中講師は「ヒトへの治療では菌を直接注射できないが、今後、アクネ菌の細胞のどの部分が、がん細胞減少に最も効果を発揮するのか解明できれば、効果的な治療法の確立につながる」と話している。


元論文のタイトルは、”Intratumoral Injection of Propionibacterium acnes Suppresses Malignant Melanoma by Enhancing Th1 Immune Responses”です(論文をみる)。記事には国内のことしか書かれていませんが、海外では状況は少し違います。

BRAFは、細胞増殖に関与するMAPキナーゼをリン酸化して活性化するMAPキナーゼ・キナーゼをさらにリン酸化して活性化するMAPキナーゼ・キナーゼ・キナーゼです。悪性黒色腫(メラノーマ)の40から60%において、BRAFに変異があります。また、BRAF変異の90%は、600番目のアミノ酸であるバリン(V)がグルタミン酸(E)に変化しています(V600E変異とよぶ)。

この変異によって、下流のマップ・キナーゼ経路が常に活性化された状態になり、細胞増殖が止まらなくなります。2011年8月にFDAによって承認されたベムラフェニブ(Vemurafenib、PLX4032、ゼルボラフR)は、このBRAF活性を抑制します。ベムラフェニブをV600E BRAF変異を有する転移性メラノーマ患者に用いたところ、大部分の患者で腫瘍の完全あるいは部分的退縮が認められたそうです。

このベムラフェニブを創薬したベンチャーのプレキシコン社を第一三共が買収したことは以前に紹介しました(記事をみる)。

また、2011年3月にFDAによって承認されたイピリムマブ(ipilimumab、YervoyR)は、cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4 (CTLA-4)の働きを阻害して、抗腫瘍T細胞の働きを増強します。CTLA-4は、T細胞活性化経路を抑制する免疫チェックポイント分子です。イピリムマブは、CTLA-4を阻害する完全ヒト化モノクローナル抗体で、抑制系の抑制により抗腫瘍免疫を活性化するとされています(記事をみる)。

論文によると、アクネ菌(P. acnes)は皮膚に住む嫌気性のグラム陽性菌で、樹状細胞がアクネ菌を貪食すると、Th1型のサイトカイン免疫反応が惹起され、IL-12、IFN-γ、TNF-αなどの産生が増えることが知られているそうです。CTLA4の阻害もIL-12、 IFN-γ、TNF-αなどの産生を増やすので、このニキビ療法はイピリムマブと同様、非特異的免疫増強療法です。メラノーマには非特異的免疫増強療法が有効であるとすれば、このニキビ菌治療も有望かもしれません。ただ、メカニズムの解明や有効成分の同定には時間がかかりそうです。

関連記事
メラノーマ患者の余命延ばす2つの新治療法:ベムラフェニブとイピリムマブ(Yervoy®)
治療薬・コンパニオン診断薬の一体開発
米国FDAがベムラフェニブ(Vemurafenib、PLX4032、ゼルボラフR)を承認
進行性メラノーマ治療薬Yervoy® (ipilimumab)を米国FDAが認可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. taniyan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tak先生
    お早う御座います。
    素人には難解記事多いですが出来るだけ理解できるよう努力しています。
    父が生存中、頭にイボ(癌らしい)みたいなのができ専門医に二度切除(他の肉を埋めた)。
    自分も最近脚の甲にイボみたなのが出来次第に大きくなってきたので思い切って冷却スプレーで凍傷させ除去、未だに深い凹みになってます、でもイボは完全消滅。
    以前皮膚科医にチイ、加齢による顔、頭のイボ状のものを液体窒素で除去しれもらった知恵で
    時々自分でやってます。
    ま、素人判断は危険とは分ってますが。
                        taniyan

  2. まる より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すごい、分かりやすい解説で。
    論文をどう読むかは、なかなか素人では難しく・・・ 勉強になります。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    難しいですが時々拝見させていただいています。治験に申し込んでみようと思います。