HER2陽性患者 トラスツズマブ+ドセタキセルにペルツズマブ併用で無増悪生存期間が有意に延長

HER2陽性患者 トラスツズマブ+ドセタキセルにペルツズマブ併用でPFSが有意に延長

以下は、記事の抜粋です。


HER2陽性転移乳がん(Metastatic Breast Cancer、MBC)患者に対する一次治療として、トラスツズマブ+ドセタキセルに、HERの二量体化阻害剤ペルツズマブを加えることによって、無増悪生存期間(PFS)が6.1ヶ月有意に延長することが明らかになった。第34回サンアントニオ乳癌シンポジウムで12月9日、MGHのJose Baselga氏が、国際多施設無作為化二重盲検プラセボ対照臨床第3相試験の結果を報告した。

ペルツズマブは、トラスツズマブと同様、抗HER2モノクローナル抗体だが、トラスツズマブとは結合部位が異なり、HER2のシグナル伝達に必須の2量体形成を阻害する。作用機序が異なることから、両剤の併用による効果増大が期待されていた。

試験では、HER2陽性MBCに対する一次治療として、トラスツズマブ+ドセタキセルに対し、ペルツズマブを追加投与することでの有効性と安全性を比較した。

2008年2月から2010年7月までに、25カ国204施設から登録した808例を、トラスツズマブ+ドセタキセルに加え、①プラセボ群406例②ペルツズマブ併用群402例に無作為に割り付けた。主要評価項目は独立評価委員会判定でのPFS。副次評価項目は、奏効率(ORR)、全生存期間、安全性などとした。

その結果、PFSは、プラセボ群の12.4ヶ月に対し、ペルツズマブ併用群は18.5ヶ月で、6.1ヶ月の有意な延長が認められた。内臓転移の有無を除き、事前に規定したサブグループのいずれにおいても、ペルツズマブのベネフィットが認められた。ORRはプラセボ群の69.3%に対して、ペルツズマブ群では80.2%で、ペルツズマブ群で良好な傾向が認められた。

ペルツズマブ群でプラセボ群よりも多く認められた有害事象は、下痢、ほてり、粘膜炎症、発熱性好中球減少、ドライスキンなどだった。ペルツズマブ併用群での心毒性の増加はみられなかった。

Beselga氏は「HER2陽性の進行乳がん、さらに言えば、進行乳がんにおいて、かつてない大きな効果が明確に示された」と述べ、「この新たなレジメンは、HER2陽性MBCに対する一次治療の実臨床を変えることになるだろう」と結んだ。


全乳がんの約20%に、HER2 (human epidermal growth factor receptor 2)とよばれる膜貫通型のチロシンキナーゼの遺伝子増幅 and/or 過剰発現が認められ、これによって進行性で予後不良の表現型を示します。

トラスツズマブは、HER2に対するヒト化モノクローナル抗体(zumab:超可変部以外をヒト型としたもの)で、HER2の細胞外ドメインに結合し、そのヒト化部分を認識したキラー細胞などによる抗体依存性細胞障害作用により、抗腫瘍作用を発揮します。HER2陽性乳がんに対して、トラスツズマブを化学療法に追加することでPFSや全生存期間が化学療法単独よりも大きく改善されました。しかし、それでも多くのHER2陽性MBCは進行が止まらないため、新しい治療薬の登場が切望されていました。

ペルツズマブは上記のように、HER2とは異なる細胞外部位に結合し、その2量体化を阻害します。これら2つのメカニズムの異なるモノクローナル抗体のあわせ技によって、HER2シグナルをより強力に阻害し、HER2陽性MBCを治療しようとするのが今回の臨床試験です。

この臨床試験は「クレオパトラ(CLinical Evaluation Of Pertuzumab And TRAstuzumab)」と名づけられています。根拠はありませんが、このようなネーミングができるアメリカはまだまだ強いと思いました。それにしても、ただでさえ高額なハーセプチンに別の抗体医薬を組み合わせたら、医療費はとんでもない額になりそうです。

関連記事
がん細胞特異的光免疫療法―抗HER2抗体や抗EGFR抗体などを利用
転移性トリプルネガティブ乳癌に対するイニパリブと化学療法の併用、「合成致死」について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする