球団史上初となる2連覇を決めて解任された監督

オレ竜、球団初の連覇!球団社長の敗戦ガッツポーズで一丸に

以下は、記事の抜粋です。


中日が横浜と引き分け、球団史上初となる2連覇で9度目の優勝を決めた。連覇の原動力となった事件がある。ナゴヤドームで行われた9月6日の巨人戦。3対5で敗れた試合後の関係者通路。坂井球団社長が、なんとガッツポーズを繰り出した。複数の球団関係者がその光景を目にし、すぐさまチーム内に広まった。

ファンサービスが足りない。野球がつまらない。監督就任後から、外野の声に自問自答を重ねてきた。「いろいろ言われることには慣れてる。ただ、オレは現場を預かる最高責任者として、何ができるかを考えたら、勝つことしかないんだ。勝って気持ちよく家に帰ってもらう。それが一番のファンサービスだろ」。オレ流を貫いた。

9月22日の電撃解任発表。選手感情にも配慮せず、待ったをかけた白井オーナーを押し切ってまで、自らのクビ切りに執着した球団フロントへの恨みは尽きない。「みんなが絶対に優勝するんだとやってきたんだ。オレも最後まで全力を尽くすよ」。唯一、成し遂げていない公約。リーグ優勝&日本一の完全制覇。誰にも文句を言わせない金字塔を残し、オレ流指揮官は竜を去る。

白井オーナーと握手して、坂井社長とはしない?落合監督(痛いニュースより)


上の写真は、優勝を決めた試合の後、ベンチからロッカーへ引き上げようとする落合監督が白井オーナーとはガッチリと握手をした後、坂井社長が右手を伸ばして握手を求めたが、落合監督が応じなかったとする連続写真です。

ネットでは、これをみて、肯定的な反応と同情的な声が相次いだ一方、「器が小さいな」「意外と陰湿」「大人げない」など、批判的な指摘も少なからずあったそうです。私は、もちろん肯定的です。

以下の動画も狙って打ったようにみえます。やはり天才ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする