7月29日(金)午後1時半、神戸地裁215号法廷で懲戒停職処分無効確認等請求事件の尋問があります

事件のタイトルは、以下のとおりです。

平成21年(ワ)第3002号 懲戒停職処分無効確認等請求事件
原 告   久 野 高 義
被 告   国立大学法人神戸大学

法廷で行われる裁判の手続は、原則としてだれでも見ること(傍聴)ができます。民事裁判では口頭弁論や判決の手続が公開されています。傍聴するときに、裁判所に事前に申し込む必要はありません(説明をみる)。

今回の尋問では、原告側は私が供述し、被告側は1名の証人が証言を行います。平成20年当時の神戸大学における遺伝子組換え実験の実態についても尋問が行なわれると思います。興味のある方は神戸地裁にお越しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする