松本龍復興相が宮城県知事にブチギレ! 「今のはオフレコ。書いたらその社は終わり」と発言

松本龍復興相が宮城県知事にブチギレ! 「今のはオフレコ。書いたらその社は終わり」と言うも東北放送が報じる

以下は、記事の抜粋です。


2011年7月3日、復興担当大臣になったばかりの松本龍氏が宮城県庁を訪れ、村井嘉浩宮城県知事が出迎えなかったことにブチギレ。

ブチギレシーンを報じられたくなかったのか、松本氏は取材陣に向かって「今の最後の言葉はオフレコです。いいですか? 皆さん。絶対書いたらその社は終わりだから」と発言したのである。

しかし、あっさりと東北放送(TBC)がニュースで「松本龍復興担当大臣が就任後はじめて、今日、宮城県庁を訪れましたが、村井知事が出迎えなかったことに腹を立て、知事を叱責しました」と報道。そのニュースでは、宮城県庁を訪れて話し合った内容よりも、松本氏がブチギレしたことをメインに報じたのである。

ニュースキャスターは「宮城県庁を訪れた松本龍復興担当大臣。村井知事が出迎えなかったことで顔色が変わります」や「数分後、笑顔で現れた村井知事が握手を求めようとしますが、これを拒否。応接室に緊張が走ります」という解説とともに、松本氏のブチギレシーンを放送。

松本氏が「(村井知事が)先にいるのが筋だよな」や「(水産特区)は県でコンセンサス得ろよ。そうしないと我々何もしないぞ。ちゃんとやれ」、「いまあとから入ってきたけど、お客さんが来るときは、自分が入ってきてからお客さんを呼べ。いいか? 長幼の序がわかっている自衛隊ならやるぞ。わかった? しっかりやれよ。今の最後の言葉はオフレコです。いいですか? 皆さん。絶対書いたらその社は終わりだから」と言っているシーンをまるごと報じた。


以下は、東北放送が放送したブチギレシーンです。


以下の毎日新聞などは、大臣の言いつけに従い「最後の言葉をオフレコ」にした上、会談がまともであったかのように報道していました。

東日本大震災:復興相「被災地の知恵合戦だ」 岩手・宮城知事と会談(毎日新聞
「突き放す時は突き放す」復興相が被災地知事に注文(msn産経
松本復興相「突き放すとこは突き放す」(日テレニュース
以下の2つは、松本氏に批判的な記事を書いています。が、かなり遠慮がちです。
「知恵出さないと助けない」=松本復興相、岩手、宮城で発言(時事通信
復興相が知事に「客は自分が入ってから呼べ」(読売

以上の報道は、昨日の午前中までのものです。その後、松本氏の言動に対する批判があちこちから出て、「『助けない』発言陳謝」まで行ってようやく、批判的な報道が各社から出るようになりました。グッジョブ!ガンバレ!東北放送!

追記(10:00a.m.):先ほど辞任のニュースが流れました。
松本復興担当相辞任へ 被災地での言動に批判、引責

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. taniyan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    tak先生
    おはようございます。
    何時も有益な記事感謝しています。
    今回の件、自分も企業人でしたので理解できます。
    組織の頂点でチヤホヤされ担がれて来た人間に良く見られる現象。
    こう言う人物は主従に拘り、周りが気配りするのに疲れます。
    霞が関には多く居るんだとおもいますが政治の世界には入ってきて欲しくないですね。
    TVでの会見画面観ていてとても不愉快、ふざけるなと叫びたくなりました、なるべく早く辞めてもらいたい心境。
    気短の都知事でも言わないと思いますね、人間性の違い。
    取りとめなく御免なさい。
                  taniyan