神戸大前医学部長 准教授にアカハラで譴責処分

神戸大前医学部長 准教授にアカハラでけん責処分

以下は、記事の抜粋です。


神戸大は5月26日、地位を利用して嫌がらせをするアカハラをしたとして、前医学部長・医学研究科長の60代の男性教授を、24日付でけん責処分にしたと発表した。神大で、学部長が就任中のアカハラをめぐり懲戒処分を受けるのは初めてという。

この教授は2008年から09年にかけて、医学研究科の50代男性准教授と若手研究者の指導方法について数回にわたって話し合ったが、その際、准教授に「教育をさせないようにする」「医学研究科にいられないようにする」などと怒鳴ったという。

09年8月、男性准教授が大学事務局に訴え、大学側が教員や外部の弁護士による調査委員会を設置。ハラスメント防止規定に照らし、激しい口調で退職を迫るような発言をアカハラと認定し、今年3月、福田秀樹学長に報告した。

教授は「研究科長として一生懸命に指導したつもりだった」と弁明したという。会見した正司副学長は「恥ずかしいこと。地道に再発防止に努めたい」と話した。


以前、一般企業に勤める友人と話した時に、「医学部長と医学研究科長と比べると、医学部長の方が偉いように聞こえる。そら、部長の方が『課長』より偉いに決まってるやろ。」と言われたことを、この記事をみて思い出しました。神戸新聞の記者も、見出しに「神戸大前医学研究科長」と書くよりも「神戸大前医学部長」と書いた方がインパクトがあると思ったのでしょう。

大学のホームページをみても特に発表は無いようなので、記者会見だけだったのかもしれません。この記事からは、「激しい口調で退職を迫るような発言」だけをアカハラと認定したように受けとれます。

「研究科長としてやったことは、研究科の責任であり個人の責任ではない。」という論理は通らなかったようです。今後は、「不服申立て」、「裁判」、、、へと進むのでしょうか?経緯を見守りたいと思います。

関連ニュース動画
神戸大学 前医学部長アカハラで処分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする