プラハの天文時計600周年記念イベント

『プラハの天文時計』600周年記念イベントで魅せた驚愕のプロジェクト映像パフォーマンス

以下は、記事の抜粋です。


チェコ共和国の首都プラハにある中世の天文時計が建つ旧市街広場は1992年に「プラハ歴史地区」の名で世界遺産に登録され、多くの観光客がこの時計を見にやってくる。

プラハの天文時計は、1410年に時計職人ミクラーシュとカレル大学の数学教授ヤン=シンデルが製作。今年が建立600周年にあたり、チェコの映像プロダクション『Tomato Prodaction』は、この時計台を使ったプロジェクトアートを上映した。


プラハの旧市街広場には行きました。黒ビールが安くておいしかったことやマエストロというイタリア料理屋がおいしかったことは覚えていますが、天文時計の記憶はありません(><)。

幻想的で素晴らしい映像です。ぜひ、フルサイズでご覧ください
フルサイズの動画はこちら≫ The 600 Years

動画が貼り付けられないので、一部の写真を上の記事から紹介しておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする