“We No Speak Americano”にあわせて踊るClearyとHardingの手

We No Speak Americano ft. Cleary & Harding

Suzanne ClearyとPeter Hardingは、現在世界で最も才能があり、革新的なアイリッシュ・ダンサーといわれています(解説をみる)。

下の動画では、彼らがオーストラリアのインディーバンドYolanda Be Coolの”We No Speak Americano”にあわせて絶妙な手のタップ・ダンスをみせてくれます。

“We No Speak Americano”は、今年ヨーロッパで大流行しました。この曲は、1956年イタリアでRenato Carosoneによってヒットした”Tu vuò fà l’americano”をサンプリングしたものです。下はその元演奏の動画です。これもなかなか味わいがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする