Thomson Reutersによる2010年ノーベル賞(生理学・医学、化学)予想

WHO WILL WINS THE NEXT NOBEL PRISE?

以下は、サイトの要約とThomson Reutersによる生理学・医学賞と化学賞の予想リスト(アルファベット順)です。


ノーベル賞受賞者は、正確に予測できるか?1989年からThomson Reutersは医学、化学、物理学、経済学の予想受賞者リストを発表してきた。出版した論文の引用インパクトに基いて選ばれたメンバーは、”Thomson Reuters Citation Laureates”とよばれ、ノーベル賞に近いと思われる。

生理学・医学
Douglas L. Coleman
Jackson Laboratory
WHY: for the discovery of leptin
Jeffrey M. Friedman
Laboratory of Molecular Genetics, Rockefeller University
WHY: for the discovery of leptin
Ernest A. McCulloch
Ontario Cancer Institute
WHY: for the discovery of stem cells
Ralph M. Steinman
Laboratory of Cellular Physiology and Immunology, Rockefeller University
WHY: for the discovery of dendritic cells
James E. Till
Senior Scientist, Ontario Cancer Institute, Toronto, Ontario, Canada
WHY: for the discovery of stem cells
Shinya Yamanaka
Institute for Integrated Cell-Material Sciences (iCeMS), Kyoto University
WHY: for the development of induced pluripotent stem cells
化学
Patrick O. Brown
Department of Biochemistry, Stanford University School of Medicine
WHY: for the invention and application of DNA microarrays
Susumu Kitagawa
Graduate School of Engineering, Kyoto University
WHY: for the design and development of porous metal-organic frameworks
Stephen J. Lippard
Department of Chemistry, Massachusetts Institute of Technology
WHY: for pioneering research in bioinorganic chemistry, including the discovery of metallointercalators to disrupt DNA replication
Omar M. Yaghi
Department of Chemistry and Biochemistry, University of California Los Angeles
WHY: for the design and development of porous metal-organic frameworks


生理学・医学についてですが、ColemanとFriedmanは今年、山中さんは2009年、McCullochとTillは2005年、Steinmanは2007年と、全員が過去にラスカー賞を受賞しています。もちろん山中さんに受賞してほしいですが、あまりラスカーばかりではおもしろくないので、山中さん以外の場合には意表をつく結果を期待しています。

化学賞候補のDNAマイクロアレイは、私も全遺伝子のmRNAレベル変化がわかると思って研究に導入したことがあります。しかし、本来発現の低い遺伝子(これが重要なことが多い)の解析には不向きだったので、やめてしまいました。

一方、テーラーメード医療向けのジーンチップは、mRNAではなくDNAの変異やSNPを調べる為に開発され、分子標的薬などの開発とともに発展しています。Affymetrix社などの従来型のアレイだけでなく、ビーズやバイオストランドなどの次世代チップなども登場してきました。このような発展も含めるのであれば、立派な受賞対象だと思います。

昨年の生理学・医学賞(Elizabeth H. Blackburn、Carol W. Greider、Jack W. Szostakの3名)は、Thomson Reutersの予想がピタリとあたりましたが、今年はどうなるでしょうか?

生理学・医学賞は明日(10月4日月曜)の午後7時半(日本時間)、化学賞は10月6日水曜日の午後7時45分にノーベル賞のサイトで発表される予定です。

関連記事
今年のラスカー基礎医学賞は、レプチンの発見者が受賞
Ferid Murad Lecture
ノーベル医学・生理学賞有力候補者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする