甘い歌声が秘訣? BGMにナンパの成功率上げるカギ、What’s Going On

甘い歌声が秘訣? BGMにナンパの成功率上げるカギ、仏研究

以下は、記事の抜粋です。


「女たらし」であれば、ナンパの成功率を上げるために、かけている音楽をラップやヘビーメタルから、Marvin GayeのR&Bに変える必要があることを本能的に知っているだろう。フランスの研究者たちはこのたび、これを裏付ける科学的な調査結果を、学術誌「Psychology of Music」に発表した。

研究論文を発表したのは、南ブルターニュ大学とパリ南大学の研究者3人。18~20歳の未婚女性87人を対象に調査を行った。女性たちにはBGMのかかる控え室で5分間過ごしてもらい、その後、「平均的な」ルックスの若い男性と2人でオーガニッククッキーと普通のクッキーとの違いについて議論をしてもらった。

議論の最後に、男性が女性に電話番号を聞いて「飲み行こう」に誘ったところ、女性が控え室で聞いていたBGMの種類によってその成否が大きく変化した。

Vincent Delermの「L’heure du the(お茶の時間)」という「ニュートラルな」曲がBGMでかかっていた場合は、肯定的な返答をした女性はたったの28%だった。しかし、ロマンティックなバラード曲、Francis Cabrelの「Je l’aime a mourir(死ぬほど愛してる)」がBGMだった場合には、成功率は倍増近い52%になった。


元論文のタイトルは、”‘Love is in the air’: Effects of songs with romantic lyrics on compliance with a courtship request”です(論文をみる)。こういうのも「コンプライアンス」なんですね!

論文を読んでみましたが、内容は記事そのままでした。研究費の記載がなかったので、自腹を切ってやったのかもしれません。

記事で紹介されたロマンティックなバラード曲、“Je l’aime à mourir”を聴きましたが、フランス語のためかイマイチぴんと来ません。

記事の最初に紹介されていたMarvin GayeのR&Bですが、YouTubeでみつけた”What’s Going On”を良く聴いてみたら、「死ぬほど愛してる」という内容ではありませんでした。以下にライブの動画を紹介します。歌詞はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする