地球温暖化でもマラリアは増えない、セクシーすぎる心肺蘇生法

Climate change and the global malaria recession

以下は、論文要約の抜粋です。


気候変動がマラリアに及ぼす影響は、公衆衛生上の大きな関心である。地球温暖化が、将来においてマラリア感染の拡大と深刻化をすすめ、現在のマラリアの罹患率と死亡率に対して影響するだろうという考えは、世界の保健政策に大きな影響を与えている。

マラリア原虫の現時点での分布とその地域内での流行を、過去の同様な地図と比較することで、過去1世紀にわたるマラリアの世界全体での変化について疫学的に推察することができる。

マラリアの感染地域が1世紀にわたる経済発展と疾患コントロールによって縮小したことは、既に知られている。今回我々は、この感染地域縮小と、マラリアの地域流行の世界的減少を、1900年ごろから現在までについて調査し、初めて定量化した。

さらに、こうした変化の大きさを、将来の気候シナリオと一般的な公衆衛生学的介入の下で予想されるマラリアの地域流行への影響の大きさを比較した。

その結果、気候変動とマラリアに関して、重要だがしばしば無視されてきた以下の2つのことが示唆された。

1つめは、平均気温の上昇が既にマラリアの罹患率と死亡率の世界的な上昇に導いたとする、世の中に広まっている主張は、その地域的流行と地理的範囲の両方が世界的に減少している事実とほとんど一致しない。

2つめは、気温上昇がマラリアの地域流行に将来及ぼすと考えられている影響は、1900年ごろからみられてきた変化より少なくとも1桁小さく、重要な疾病コントロール策を効果的に拡大させることで得られることが予想される変化よりも最大でも2桁小さい。

温暖化した世界ではマラリア感染が拡大するという、経験的主義的関連性あるいは、生物学的メカニズムに基づいた予測は、温暖化が続いたこの1世紀の間にマラリアが世界的に著しく減少し、マラリアの地域的流行と気候との世界全体での相関性が実際に弱くなった事実と、全く一致しないものである。


私も、地球温暖化が進むと沖縄はもちろん、九州、四国、和歌山の一部でもマラリアが蔓延するのではないかと思っていました。浅はかでした。


Super Sexy CPR

心配蘇生法(Cardio-pulmonary resuscitation (CPR))の教育用とは思えない動画です。

Fortnight lingerieという下着メーカーの作品です。

こちらは、フランス人メイドが教えるCPRです。ポイントを復習できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする