New York State of Mind

New York State Of Mind / Billy Joel

「休みをとって、マイアミやハリウッドに行きたがる人がいるけど、僕はグレイハウンドバスに乗ってハドソン川沿いを走る。心はもうニューヨークに飛んでいる」

ジャズっぽい雰囲気のものが多いBilly Joelの初期の作品の中で、最もブルージーな曲です。態度は良くないですが、YoutubeにアップされたBilly Joelの演奏の中では、これがベストだと思います。

「霧のサンフランシスコ」で有名なTony Bennettも歌っています。こちらは、もっとジャズっぽい雰囲気で、ギターがバックです。彼もニューヨーク生まれのイタリア系アメリカ人です。2001年、同時多発テロから約2ヶ月、Tony Bennett75歳の演奏です。

歌詞はこちら。ブロンクス生まれのユダヤ系アメリカ人のニューヨークに対する強い想いが伝わってくるような気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする