私たちの目がいかにうまく騙される世の中になったか、お茶目なアザラシ

私たちの目がいかにうまく騙される世の中になったか

映画やドラマを映像を作り上げるスタジオの動画で、グリーンスクリーンによって見事に背景を変えてしまう技術だそうです。


グリーンスクリーン合成は、クロマキー合成とよばれる画面合成法の一種です。クロマキー合成とは、「ある色で抜く」=「ある色を透明にする」合成法のことです。このとき、抜く色のことをキーカラーといいます。

つまり、グリーンスクリーンとは、キーカラーがグリーンということ。グリーンの色域を透明にする(抜く)にし、それを別の映像の上に重ね描きすることで、画面合成をします。

日本では、ブルーをキーカラーにすることが一般的のようです。上の動画でもブルースクリーンもありましたが、欧米では、ブルーをキーカラーにすると青い瞳やジーンズが抜けてしまうので、グリーンスクリーンが良く使われるそうです。

知らない方が映画を楽しめたかもしれません。


Crasher Seal Photobombs Group Of Penguins

上の動画をみると、偶然写ってしまったことになっている下のアザラシの写真も怪しくみえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする