ベテルギウスに爆発の兆候、The Known Universe by AMNH

ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ

以下は、記事の抜粋です。


オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている。米航空宇宙局(NASA)が1月6日に公開した画像には、星の表面の盛り上がりとみられる二つの大きな白い模様が写っていた。この15年で大きさが15%減ったという報告もあり、専門家は「爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない」と話す。もし爆発すれば、満月ほどの明るさになり、昼でも見えるようになる。

冬の大三角の一つでもあるベテルギウスは、赤色超巨星と呼ばれる巨大な星。直径は太陽の1千倍で、太陽系にあるとしたら、地球や火星はおろか木星までが覆われる大きさだ。重いため一生は短く、まだ数百万歳(太陽は46億歳)だが、すでに寿命に近い。最後は超新星爆発を起こし、ブラックホールなどになるとされる。

地球からの距離は約600光年。昨年、米欧の研究者がほぼ同時に3本の論文を発表し、ベテルギウスが大量のガスを放出していることや大きさの急減が示された。ガスの放出によって星の表面が梅干しのようにでこぼこに膨らんでいるらしい。

3本の論文のうちの1本の著者で、独マックスプランク電波天文学研究所の大仲圭一研究員は「爆発がいつかは分からないが、死の直前を見ているのは間違いない。今まで想像するしかなかった星表面の様子も、実際に見て確かめられるようになってきた」と話す。


オリオン座は、私が自力でみつけられる数少ない星座の一つで、小学生の時から冬の夜空を見上げて楽しんでいました。

地球からの距離が約600光年ということは、オリオンで一番強い光を放っているその星が、今はもう存在していないかもしれないということです。爆発の光景は、もうあと数光年のところまで来ているかもしれませんね。

オリオン座。左上の明るい星がベテルギウス


The Known Universe by AMNH

以下の動画は、American Museum of Natural Historyが作ったもので、ヒマラヤ上空から始まり、宇宙のはてまで行って、またヒマラヤに帰る宇宙の旅をかなり正確にシュミレーションしています。オリオンも確認できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nobu より:

    非科学的な話で申し訳ないのですが
    超新星爆発の時期に関連して少し気になる記事があるのですが
    紹介させていただきます。
    新約聖書ヨハネ黙示録18章より引用
    18:1この後、わたしは、もうひとりの御使が、
    大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。
    地は彼の栄光によって明るくされた。
    18:2彼は力強い声で叫んで言った、
    「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。」
    そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の
    巣くつ、また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった。
                           以上抜粋
    これは人類の終末期に起きる出来事を描写したものの一部ですが
    ベテルギウスの超新星爆発は、地球上を明るく照らすほどで
    あることから、この時ちょうど超新星爆発が起きていると、
    このように表現出来ると考えます。