うつ病100万人超す、10年で2.4倍に?

うつ病100万人超す、10年で2.4倍に

以下は、記事の抜粋です。


抑うつなどの症状が続くうつ病の患者数(躁(そう)うつ病を含む)が、初めて100万人を超えたことが3日、厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査でわかった。

長引く不況などが背景とみられる一方、新しい抗うつ薬の登場が患者増につながっていると指摘する声もある。

患者調査によると、うつ病が大半を占める「気分障害」の患者数は、1996年に43万3000人、99年は44万1000人とほぼ横ばいだったが、2002年調査から71万1000人と急増し、今回の08年調査では、104万1000人に達した。

10年足らずで2.4倍に急増していることについて、杏林大保健学部の田島治教授(精神科医)は、「うつ病の啓発が進み、軽症者の受診増も一因」と指摘する。

うつ病患者の増加は、新しいタイプの抗うつ薬が国内でも相次いで発売された時期と重なる。パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)は、「軽症のうつは自然に治るものも多い。しかし日本ではうつを早く発見し、薬を飲めば治るという流れが続いており、本来必要がない人までが、薬物治療を受けている面があるのではないか」と話す。(2009年12月4日03時04分 読売新聞)


薬剤の保険適用による数字のマジックだと思います。

本物の「内因性うつ病」が増えているのではなく、「うつ病、うつ状態」しか保険適用できないパロキセチンやフルボキサミンなどのSSRIを、抗不安薬感覚で内科、産婦人科、整形外科等々で使用するようになったことが、数字上昇の要因でしょう。

実際、パロキセチン(商品名パキシル)などは、認知症でうつ傾向の患者さんにも時々処方されています。このような場合でも、保険病名は「うつ病」になります。

記事にもありますが、うつ病患者の増加は、新しいタイプの抗うつ薬が国内でも相次いで発売された時期と重なっています。皮肉なことに、新しいタイプの抗うつ薬が多くの「うつ病患者(保険病名)」を作ったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする