安価スパコン開発で「ゴードン・ベル賞」、長崎大 浜田剛 助教

安価スパコン:「事業仕分け」どこ吹く風 3800万円で完成 長崎大助教らゴードン・ベル賞

以下は、記事の抜粋です。


東京・秋葉原でも売っている安価な材料を使ってスパコンを製作、演算速度日本一を達成した長崎大学の浜田(剛つよし)助教(35)らが、米国電気電子学会の「ゴードン・ベル賞」(価格性能部門)を受賞した。同賞は、コンピューターについて世界で最も優れた性能を記録した研究者に与えられ「スパコンのノーベル賞」とも呼ばれる。日本の研究機関の受賞は06年の理化学研究所以来3年ぶりという快挙だ。

浜田助教らは「スパコンは高額をかけて構築するのが主流。全く逆の発想で挑戦しよう」と、ゲーム機などに使われ、秋葉原の電気街でも売られている、コンピューターグラフィックス向け中央演算処理装置(GPU)を組み合わせたスパコン製作に挑戦した。


浜田助教らのスパコンは、GPUを760個並列につなげたもので、1秒間に158兆回の計算ができ、国内最速の「地球シミュレータ2」の同122兆回を上回っています。

GPUを大量につなげられるプログラムの開発が成功のカギとなり、数百億円規模が必要とされる開発費用を3800万円に抑えたそうです(西日本新聞の記事をみる)。

発想も、地球シュミレータ2を超えるスパコンを作ってしまうところも、賞をもらうところも、発言もカッコイイです。この人をポーアイ・スパコン施設のトップにしたら、10分の1の予算でも世界最速のスパコンを作ってくれそうな気がします。野依さん、いかがでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする