厚労省を質問攻めにする嘉山委員 ─ 11月6日の中医協で

厚労省を質問攻めにする嘉山委員 ─ 11月6日の中医協で

新体制3回目の中医協で、嘉山孝正委員(山形大学医学部長)が厚労省の佐藤敏信保険局医療課長を質問攻めにした様子がロハス・メディカルで克明に報告されています。以下、嘉山氏の中医協での発言を2つ紹介します。


「ですから、まさに佐藤君が答えた通りで、今の医療崩壊を招いたのはそこなんですよ。つまり、あなたは『算定した』と言っているけれども、医師の技術料があまりにも低いために医師が立ち去り型になって崩壊したんです」

「(外来管理加算の)『5分間ルール』ができたのを知って私はびっくりした。患者さんという人間を相手にしているので、時間で制限するというのは何となく患者さんをバカにしているか、国民をバカにしているのかという感じがして、『このルールは何とかならないのか』という感じがしているので、教えていただきたい。例えば、私が良性の脳腫瘍を手術して、(再診で)患者さんが何を聞きに来るかというと、再発があるかどうかだけを聞きに来る。

信頼関係があれば、『元気でやっていいよ』と言うのに30秒もかからない。ところが、初めての患者さんは30分とか40分かかる場合もある。人間を相手にしているので、『5分間』という人頭税のような概念を持ってくるのは非常に非人道的な気がするが、いかがだろうか」


民主党政権もいろいろとボロが出始めていますが、新しい中医協の人事で、嘉山氏を入れたのは正解だったと思います。山形大医学部で、附属病院の黒字化、24時間の保育所の設置、地元枠否定の入試改革、「診療の危険度」に応じた手当の新設などの改革を、次々と成功させたパワーはハンパじゃなさそうです。今後の展開に注目しましょう。

以下は、これまでの嘉山氏の発言記事の抜粋です。

「国立大学医学部長は新人議員にレクを」-嘉山孝正国立大医学部長会議常置委員
国立大学医学部長会議の嘉山孝正氏は2日、今回の衆院選で初当選した民主党の地元新人議員に対し、医療や教育の現状についてロビー活動を行うよう全会員(全国の医学部長)に連絡したことを明らかにした。

嘉山氏は取材に対し、「自民党の”族議員”がいて、これまで医師会に任せてしまったから日本の医療や教育はだめになってしまった。もうそんなふうにはやらせない。新人議員に医療や教育の現状などをレクするよう全員にメールした」と述べた。

民主党の最先端研究開発支援プログラムの申し入れを評価―嘉山孝正国立大医学部長会議常置委員
嘉山孝正氏は9月2日、民主党が「最先端研究開発支援プログラム」の選定内容を見直すよう求める申し入れを行ったことを評価した上で、「本来のライフサイエンスや科学技術費用として使われるのならよいが、これは経団連が喜ぶような箱物が中心に選ばれていた」と苦言を呈した。嘉山氏は、「このプログラムは自民党の単なるばら撒きだった。(申請内容が)箱物で、工業系や化学系などの中小企業にお金が行くようになっていて、経団連が喜ぶ内容」として、医療系の研究は選ばれにくかったとした。選定もずさんに行われていたとして、「(申請時の)発表と質疑応答がたった10分ずつでこの金額を審査するというのだからとんでもない話で、他の申請者からも批判があった」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする