「しゃっくり」のとめ方など。

簡単に「しゃっくり」を一発で止める方法

上の記事では、

1.「スプーン一杯の砂糖を喉の奥に放り込む」、あるいは「砂糖を一さじ舐める」
2.「コップに半分ほど水を入れ、手前ではなく逆側から飲む」
の2つの方法が有効な方法として紹介されていました。ついでに、ネットで見つけた有効そうな方法を紹介します。
3.「乾いたガーゼのようなもので舌をつかみ、30秒ほど強く引っ張る」
4.「肺に残っている息を吐ける限界まで吐き出す→吸える限界まで息を思いっきり吸い込む→止められる限界まで息を止める」

しゃっくりは横隔膜の痙攣で起こります。頻繁に起こるもの、長く続くものでは、呼吸器疾患、内臓疾患が原因の場合もあります。上の4つの方法をすべて試してダメな場合は、内科受診をお勧めします。


遺伝子組換え実験のDVD講習会と試験を受けました。試験は〇×式で、面白い問題がありました。

「培養細胞に他種の遺伝子を含むプラスミドベクターをトランスフェクションする実験は、遺伝子組換え実験である」

神戸大学の規則では〇ですが、カルタヘナ法では×です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする