アジア共通通貨

鳩山氏「アジア共通通貨」を提唱 月刊誌に論文寄稿

以下は、記事の抜粋です。


民主党の鳩山由紀夫代表は10日発売の月刊誌「VOICE」9月号に寄稿し、東アジア地域の安定した経済協力と安全保障の枠組みとして、将来の「アジア共通通貨」を視野に入れた「東アジア共同体」の創設を目指す考えを表明した。

「私の政治哲学」と題した論文では、米国発の世界金融危機が「ドル基軸通貨体制への懸念を抱かせた」と指摘。経済活動の秩序を守るため地域統合の動きが加速するとの認識を示した。
その上で日本、中国、韓国、台湾、香港、東南アジア諸国連合の関係について「GDPの合計は世界の4分の1となった。経済力と相互依存関係が拡大、深化し、経済圏として十分な下部構造が形成されている」と強調した。

ただ「人口規模や発展段階、政治体制も異なり、経済統合は一朝一夕で実現しない」と説明。通貨統合は「今後10年以上の歳月を要する」とした上で「政治的統合はさらなる歳月が必要だが、政治は高く大きな目標を掲げて国民を導かなくてはいけない」と述べた。
東アジア共同体は民主党マニフェストにも盛り込まれている。


中国を旅行中、私も同じことを考えていました。太平洋戦争の時、「大東亜共栄圏」は各国に日本の傀儡政権を置き、植民地支配を正当化するための言い訳でした。多くの日本人は、嘘を見抜けず、戦争へ駆り出され、アジアの民衆を苦しめ殺害しました。このようなことを繰り返してはいけません。

しかし、今では、欧州連合(EU)という良い見本があるので、そんなに間違った方向には行くとは思いません。現在でも、中国、韓国、日本の3国は、通貨統合にふさわしい条件が揃っていると思います。EUのように、一定の基準を設け、加盟への条件とすれば、共通通貨圏が徐々に拡大すると共に、アジア全体の経済的・政治的安定も達成できると思います。

現在、上海と大阪は飛行機で2時間です。しかし、個人で旅行する場合、中国人は、日本に来るのにビザが必要です。経済統合をめざすのであれば、まずこのような状態を解消し、ビザなしで自由に往来できる状態を作ってほしいと思います。

民主党は、郵政民営化に反対しているので、投票する気はなかったのですが、悩ましくなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする