沖縄美ら海水族館の「黒潮の海」水槽

暑いので、涼しくなるような動画を探しました。2002年10月に竣工した沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館の「黒潮の海」水槽です(水族館の公式サイトをみる)。

水槽は、長さ35m×幅27m、深さ10m、水量7,500m³で世界で2番目の大きさです。2005年にアメリカのジョージア水族館ができるまでは、世界一でした。観客と大水槽を隔てるアクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm、パネル総重量は135トンで、これも2008年にドバイ水族館ができるまでは、世界一でした。

ジンベイザメが3匹も泳いでいます。アクアラングを着けて潜っているヒトが本当に小さく見えます。バックの音楽(Barcelona – Please Don’t Go)ともなかなか良く調和し、暑さを忘れるような素晴らしい光景です。

動画のコメントには、「こんなところに閉じ込められて魚がかわいそうだ」など、いろいろあります。私は、この水槽を美しく維持するのに、どのくらいのお金と労力が要るのかを考えてしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする