外出・出張時のネット環境をどうする?

友人に質問されたので、外出・出張時のネット環境について調べてみました。私が1年と少し前にデータ通信を契約した時とは、かなり状況が変化していました。

1.インターネット環境の整ったホテルに泊まる。

最近は、どこでも有線あるいは無線LANの環境が整備されたホテルがあります。ただ、ホテルが高級だからといってインターネット環境が良いとは限らないので、予約する時に、必ず確認しましょう。また、無線LANすべてにいえることですが、電波の届く範囲は予想外に狭く、ホテルでも部屋によってアンテナが立たない場合もあります。これも、予約時に確認しておきましょう。

2.無線LANスポットを利用する。

無料の無線LANスポットとして、FREESPOTがありますが、まだまだアクセスポイントが少なく、よほどラッキーでないと利用できません(FREESPOTのアクセスポイントを調べる)。
有料の公衆無線 LAN サービスには、HOT SPOT(1,680円/月)、フレッツ・スポット(800 or 900/月)、Yahoo!無線LANスポット(210 or 525円/月)などがあります(比較データをみる)。

コストが安い事、マクドナルド各店舗、JRの主要な駅、空港などにBBモバイルポイントと呼ばれるアクセスポイントがあることを考えると、Yahoo!無線LANスポットがおすすめだと思います。走行中の新幹線(N700系)でも利用できるそうです。

3.携帯電話(PHS)網を用いたデータ通信

NTTドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイル、ウィルコム(PHS)などが提供するデータ通信を使えば、アクセスポイントに縛られず、自由にインターネットができます。ただし、PCカードスロット、USBポートなどに接続するデータカードとよばれる通信機器が必要です。
携帯電話データ通信料金・速度比較表」に詳しい比較があります。「データ通信サービスは定額制がオススメ」という記事も参考になります。これらを見る限り、PHSは遅くて使い物にならず、イーモバイルあるいは、イーモバイルと提携しているソフトバンクが良さそうです(記事をみる)。

4.まとめ

携帯電話(PHS)網を用いたデータ通信を使えば、携帯電話やPHSの電波が届くすべての場所でインターネットが可能ですが、データカードを購入する必要があり、契約料金は、5000-6000円/月です。一方、Yahoo!無線LANスポットは、約1/10の費用で、JRの駅、空港やマクドナルドなどでのインターネットが可能です。メールチェックだけなら、ホテルのLANでも十分かもしれません。それぞれのライフスタイルに応じて選んでください。

ちなみに、私は「遅くて高い」auです。auが国内で最初に定額データ通信を導入した時に契約しました。当時、定額ではauかウィルコムの選択しかなく、圧倒的に早いということで、auにしたのですが、そろそろ替え時かな?と考えています。今月からWiMAXが始まるので、また状況は変りそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする