Summertime

まだ5月ですが…群馬で33・9度!各地で今年初の真夏日

ということで、Summertimeです。Porgy and BessというオペラのためにGeorge Gershwinが1935年に作った子守唄です(Wikiの説明をみる)。非常に多くの音楽家が演奏していますが、今日は2つの演奏を紹介します。

Janis Joplin (1943-1970)の1969年のストックホルムでの演奏です。彼女は、27歳で亡くなりました。死因は、普段よりも純度の高いヘロインを使用したため、致死量を超えてしまったとされています。20歳台前半からヘロインや覚せい剤を使用していたので、動画の時期は、心身ともにボロボロになっていたと思われますが、ボーカルはすごいです。JanisのSummertimeは、この動画以外にもいくつかYoutubeにアップされていますが、私はこれが一番気に入っています。

Janis Joplin – Summertime (Live Gröna Lund 1969)

Bill Evans (1929-1980)の1965年のロンドンでの演奏です。彼も若い時からヘロインやコカインなどの麻薬に蝕まれ、51歳で肝硬変と出血性潰瘍からの失血死で死亡しました。繊細なピアノタッチが素晴らしいです。

The Bill Evans Trio – Summertime (1965)

上と同じ時の演奏で、別の曲です。鬼気迫るBill Evansの演奏をみることができます。

Bill Evans Trio – Someday My Prince will Come

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする