鳩山総務相と草なぎ容疑者

鳩山総務相、草なぎ容疑者逮捕「めちゃくちゃな怒り感じる」

NIKKEI NETの記事です。


鳩山邦夫総務相は23日、草なぎ剛容疑者の逮捕を受け「事実であれば、めちゃくちゃな怒りを感じる」と語った。草なぎ容疑者は地上デジタル放送普及のためのメーンキャラクターだが「地デジ関係のものは全部取りかえる」と強調、キャラクターから外す方針を明言した。国会内で記者団に語った。

総務相は「イメージキャラクターをやっている社会的な責任の意識を持って行動してもらいたい。最低の人間としか思えない」とも語った。(14:04)


私は、この鳩山邦夫総務相という大臣は、極めていかがわしいと思っています。「かんぽの宿」以前にも、「死刑自動執行論」、「表現の自由制限論」、「アルカイダの友人発言」、「『志布志事件は冤罪ではない』発言」、「ペンタゴン接待告白」などなどの騒動をおこしています。

「かんぽの宿」については、ダイヤモンドオンラインの「かんぽの宿」騒動に見る“既得権死守”勢力の巧妙かつ公然たる反乱に、鳩山氏の問題性が的確に書かれています。その中の結論の1つを以下に引用します。


鳩山総務相の売却差し止めが将来、日本郵政の損失を拡大させ、それが財務に響き、株式上場にマイナスとなれば、国庫に得られるべき利益が減ることになり、損失をこうむるのは国民である。さらに、郵政民営化が混迷し、旧国鉄のような事態になれば、税金を投入しなければならなくなる。既得権死守闘争は、国民負担となって跳ね返るのである。


地上デジタル推進のテレビスポットを中止するようですが、撮りなおしのためにまた税金の無駄遣いをするなら、私は鳩山氏に対して「めちゃくちゃな怒り」を感じます。

マスコミを巧みに利用する鳩山氏と違って、マスコミの餌食になってしまった草なぎ氏ですが、これまでの「清く正しいアイドル」像には本人も疲れていたかもしれません。これからは、大人の俳優・歌手をめざしてほしいと思います。

不幸中の幸、裸になることで被害を受けた人はいなかったようだし、家宅捜査で大麻も出てこなかったみたいです。酒を飲んで酔っぱらった草なぎ氏を放って帰るような友人は、今後はなくなるでしょう。

私は、今後の草なぎ氏の活躍(ありそう)と鳩山氏の政治家引退(ありそうもない)を楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kanbe49 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お酒は飲んでも呑まれるなの典型ですが、草なぎ君の行為について、少し大騒ぎし過ぎですね。一番腹が立ったのが鳩山大臣の思いやりのカケラもない発言でした。
    アルカイダ発言を思い出して欲しいものです。