驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験!

有名メーカー対抗! 12時間耐久電池間欠使用レース!
12時間電池耐久レースはコンビニ&100円ショップ対決に!

ASCII.jpに掲載された藤山哲人さんによる単3アルカリ電池の性能比較です。私は、有名ブランドメーカーのものが、高くても寿命が長いと思っていました。これらの記事をみると、このような考えがまったくの誤りであることがわかります。

長寿命第1位は、ファミリーマートのプライベートブランド電池(12時間9分)です。第2位は、国産の三菱の電池で11時間39分、第3位は11時間36分30秒のローソンの100円電池です。これは、中国の三菱からOEM供給を受けているもので、国産と性能が同じです。一方、ダイソーの電池-111は、群を抜いて短命(8時間37分)でした。ソニー(10時間7分)やパナソニック(10時間36分)というメーカー品も意外に短命です。

コストパフォーマンスは、確かに驚愕の結果です!第1位は、10本で199円のIKEAで、1時間あたり1.7円。第2位は、ローソンストア100で買えるローソンブランドの電池。100円ショップと同じ4本で105円で、1時間あたり2.2円。これらに対して、パナソニックのエボルタが1時間あたり12.7円で最下位、同じくパナソニックのアルカリ電池が11.6円で下から2番目でした。

私は、コンビニ弁当については、ローソンのものはあまり好きではないのですが、アルカリ電池は、ローソンストア100にしようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする