トルコアイス

トルコアイスとはDondurmaとよばれるトルコのアイスクリームです。本当は、砂糖、羊乳にラン科植物の球根から取れるサレップ(salep)という粉を加えてネバネバにするのだそうです。大阪の難波で売っています(動画を観る)。

cookpadというサイトに簡単なトルコアイスの作り方が載っていたのでやってみました。下左の写真が材料です。遺伝子組換え大豆を使っていない納豆(3箱で128円、使ったのは1箱分だけ)とグリコのミニセレ・バニラアイス(63円、85ml)です。成功するとは思っていなかったので、本物のアイスクリームではなく、安いアイスミルクにしました。

以下がプロトコールです。

1.納豆1箱分を下右の写真のような容器(用いたのは、口径(約)150mm、高さ(約)50mmのガラス容器)に入れます。そしてスプーン(写真に写っているもの)で豆がつぶれない程度によく混ぜます。
2.納豆のネバネバが器の底一面にくっついた状態になったら、納豆の粒をすべて回収します。
3.容器の底に残ったネバネバ(少しで十分)の上にアイスクリームを入れてよく混ぜる。しばらく混ぜると全体がネバネバになります。右の写真でネバネバになっているのがわかると思います。
4.以上の全過程は5分程度で終わります。

考察:用いるアイスクリームは何でも良い。容器の底にくっついた納豆のネバネバは、少しで十分。おそらく、1箱の納豆でいくつもアイスクリームをネバネバにすることができます。また、一番心配なことかもしれませんが、納豆の味はまったくしません。できるのは、味はまったく同じで食感の違うアイスクリームです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする