WBC観ました

WBCのキューバ戦、アメリカ戦、決勝の韓国戦をすべてライブで観ました。

主催国アメリカにとっては皮肉な結果でしたが、日本と韓国が決勝に進出したのは、順当でした。どこの国でも、選手は皆真剣にやっていますが、国として真剣にやっていたのは、日本、韓国、キューバの3つだけだったと思います。

「キューバはカリブ海の国であるにもかかわらず、恣意的に強力なアジア・グループに入れられた。」とか「我々は過去の栄光にあぐらをかいていた」というフィデル・カストロのコメントがあったそうですが、ゲバラの映画を最近観たこともあって、とても親しみを感じました。試合では、キューバチームがまったくデータを利用しないこととキャッチャーがピッチャーを怒鳴りつけていたのに驚きました。

アメリカ戦では、ジーターやライトなどの花形選手と日本の投手との勝負はおもしろかったですが、アメリカの外野守備には興ざめでした。選手が足りなかったのでしょうか?

韓国との決勝は、テレビに釘付けになってしまいました。小沢さんも助かりましたね。日本の野球は、高校野球の発展的延長でした。サインの伝達ミスという報道もありますが、あえてイチローに勝負を挑んで破れた韓国の監督こそ、侍(サムライ)だと感じました。「武士道とは死ぬこととみつけたり」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする